カーセンサーの車買取を体験してみたお話

カーセンサーで車買取査定をやってみた結果

 

使用頻度が減ったので売ることに

 

以前までヴィッツに乗っていたのですが、二回目の車検を前にして手放すことにしました。
最初の三年間は仕事などでも使っていたので、活躍をしていたのですが転勤になってからは使用する機会も減ってしまいました。

 

あればあるで便利だったのですが、最初の三年間で35000キロ乗ったのに対して、その後の二年間は5000キロ程度しか乗っていなかったので、さすがにこれだと維持費が勿体無いなと感じるようになったのです。

ヴィッツはそれほどお金がかからないコンパクトカーなので、残しておいても良いかなと思ったのですが駐車場代や保険料などの出費がやはり痛くて、乗らないなら売ってしまおうと考えたのです。

 

いくらぐらいになりそうかカーセンサーを見ていたら

 

手放すことを考えたわけですが、車検まではまだ3ヶ月はありましたからゆっくり考えることにしました。

 

とりあえず、大体いくらぐらいで売れそうかなとチェックをするためにカーセンサーをのぞいてみたのです。

 

元の値段がそれほど高い車ではありませんから、驚くほど高いというわけではありませんでしたが、意外に値落ちをしていないという印象でした。

 

カーセンサーから車査定の申込みができることがわかり試すことに

 

意外に値落ちをしていないと言っても、所詮は売値の話ですから買われるときはいくらぐらいかという思いがありました。

 

それでも、内外装的には大事に扱ってきたつもりですし、トータルの走行距離も少ないのでそこそこいい値段がつくかもしれないと考えていました。

 

その時にカーセンサーから買取業者に対して、一括で査定の申し込みをすることができ簡単に金額の比較ができるサービスが有ることを知ったので利用をしてみることにしたのです。

 

簡単に申し込みをすることができるようでしたから、特に何も考えずに試してみることにしました。

 

申込み自体はとても簡単で車検証があればそれの情報を入力するだけでいいので、特に手間取ることもありませんでした。

 

郵便番号を入れると自動的に査定が受けられる近所の買取業者がリストアップされて、チェックを入れた業者に査定の申し込むをすることができるという仕組みになっていて便利だなと思っていました。

 

ひとつ失敗したのは、このとき出てきた9社全てにチェックを入れていたことで、翌日大変な事になってしまったのです。

 

 

電話の嵐で参った

 

申込み自体は5分もしないで終わったので簡単だなと思っていると、それから30分もしないうちにまずはガリバーから査定の日時を決める連絡が来ました。
勝手にメールの通知が届いてから連絡が来るのと思っていたのと、夜の8時頃だったということもあってこの対応の早さには驚きました。

 

その日連絡があったのはガリバーだけでさすが大手は対応が早いと思っていたのですが、大変だったのは翌日で残りの8社から相次いで連絡があったので電話応対だけでてんやわんやになってしまったのです。

 

全てを対応することはできませんでしから、結局ガリバーの他にラビットとカーセブン、カーチスにみてもらうことにしてあとはお断りすることにしました。

 

概算価格の差が意外にあることを知った

 

実際に査定を受けることにしたのは、4社でしたが断った業者からもメールでの仮の査定の結果が届いていて確認をしてみると概算価格ながら結構開きがあることがわかりました。

 

実車を見ていないので正確な数字というわけではありませんが、それでも下限と上限で各社の開きが大きく確かに査定額の比較は大事かもしれないと思ったのです。

 

実際の車査定の前にカーセンサーで予習をしておくことに

 

車を売るの初めてだっただけに、どのような流れで査定が行われるのか何が必要なのかということがさっぱりわからなかったので、予習をしておくことにしたわけですが、そこでも活躍したのがカーセンサーでした。

 

カーセンサーでは車の売却までの流れや、査定のポイントなどが詳しく書かれていてそれを予習したことで高く売るのに役立ちました。

 

いよいよ査定を受けることに

 

そして、いよいよ実際に査定を受けることになったのですが、最初に査定を受けたのはガリバーからでした。
連絡も早かっただけに査定額も期待したのですが、車に対する評価は良かったものの査定額はいまいちかなという印象を受けました。
ただ、自分は素人なのでそんなものなのかもしれないと思っていたのですが、今決めてくれれば高く買いますと言われ迷ってしまいました。

提示された金額がメール査定の上限だっただけに、本当に今がチャンスかもしれないと心がゆらぎ売ってしまおうかとも思ったのですが、他の業者もあるのでやめておきました。そのため最終的な金額に関しては、事前のメール査定の上限より少し低いものになってしまったのです。
しかし、これが正解で次に来たラビットに対してはガリバーが高く評価してくれたとだけ伝えると、いきなりその金額を上回る査定を出してきたので、先程のはセールストークだったのだなと言うことに気づいたのです。

 

 

それでもガリバーや他の業者に対しても不信感を抱くことはなく、さすがにプロはその気にさせるのが上手いなとむしろ感心してしまったほどでした。

 

最終的にラビットも同じように今決めてくれるなら高く買うけれども、そうでないのであれば金額は保証できないということで最初に提示してきた金額が最低保証できる金額だとして帰っていきました。

 

次のカーセブンは査定を受けた中で一番オープンな感じで、そこまで厳しい駆け引きもなければ強引な即決を迫ってくるような感じはありませんでした。

 

金額的にもラビットと同じぐらいで、交渉次第で上値がありそうかなと言う感じがありました。

 

カーチスは一番最後ということもあって、あっさりとした査定であり一番高かったものの上積みは期待できないかなと言う感じでした。

 

一通り査定が揃ったところで、もう一度今まで査定を受けた業者に連絡をした結果、ガリバーは思ったより上積みが期待できず、カーチスも最初の金額からそこまで変わらなさそうだったのでカーセブンとラビットの一騎打ちということになりました。

 

カーセブンに関しては査定を受けた時に、この金額以上出す業者がいたらそこが高値ですと教えてくれた金額があったので、それを参考にしてラビットから交渉をしてみることにしました。

しかし、さすがにその金額にまではならず提示した金額よりも、2万円安い金額なら買えると言ってきました。
そこで売っても良かったのですが、同じ金額ならカーセブンで買ってもらいたいという思いがあったので今度はカーセブンにラビットと同じ金額を告げてみると買ってくれるということだったので売ることになったのです。

 

その後の手続きに関しては、カーセブンがサポートしてくれましたしカーセンサーで勉強をしていただけに特に困ることはありませんでした。

 

色々大変なことはありましたが、カーセンサーで一括査定をしたことによって金額の比較もしっかりでき、売却の流れや査定のポイントも分かり結果として気持ちよく高く車を売ることができたので満足しています。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

ホーム RSS購読 サイトマップ